【口コミ】ルルルンクレンジングバームはW洗顔不要?使い方を実体験レビュー

更新日:

落とす力94点
肌への優しさ92点
万能さ94点
値段95点
総合評価Bランク
公式サイトhttps://lululun.com/cleansing/balm/

ポップで可愛らしいイラストが印象的なルルルンクレンジングバーム。

容器の見た目からは、女子中学生から大学生あたりをターゲットにしているのかなぁと思っていましたが…。

これがなかなか大人の女性からも評判良いのです。

バームタイプのクレンジングは、私自身はじめてなので、まさに「ルルルン♪」な気分で試してみました。

  • メイク落ちは良好 だが、多少の 洗い残し感 がある。
  • W洗顔は必要
  • 洗い上がりの肌は、ふっくらもちもち に。
  • 値段は、少々 お高め。

所々で「へぇ~」と感心しながら、楽しく体験できましたね。

それでは、固形石鹸のような見た目なのに、手に取ると溶けてオイル状になるという不思議なクレンジング、ルルルンクレンジングバームを紹介していきます♪

感触(テクスチャ)

冒頭写真でも紹介した可愛らしい容器は、さらに同じデザインの箱の中に入っていました。

確かに可愛いけれど、アラフォーの私は、「デザイン、若いなぁ…」と感じちゃいましたね(笑)

早速、容器の蓋を開けてみます。

あら?スプーンが入ってる!?

ご丁寧に、専用スプーン まで付属していました。

バームの中に直接指を突っ込むのは、確かに衛生面が気になるかも。

こういった細やかな配慮がされている点は、なかなか嬉しいですね。

肝心のバームは、こんな感じ。

「これは、ラードか?それとも、蝋か?」と言いたくなるほど、固そう に見えます。

スプーンが突き刺さったまま、倒れないですもん(笑)

手の甲に、スプーン1杯分のバームをのせました。

すごく固そうに見えたバームですが、実際にスプーンですくってみたら、それほどではありませんでしたね。

そーっとバームを伸ばしてみると、あら不思議!!

あっという間に、とろけるような優しいクリームに変化しました。

この後も、数回らせんを描くように撫でていくと、見た目は完全にオイル。

これは、まさに新感覚♪

面白い体験ができて、よかったです。

ルルルンクレンジングバームには、メイクオフ成分を植物ワックスで包んだ「カードハウス製法」が採用されているとか。

肌にのせた時に優しさを感じるのは、メイクオフ成分が肌に直接触れないからなのでしょうね。

落とす力【94/100点】

それでは、気になる洗浄力を見ていきます。

今回も、アイシャドウ・まゆ墨・リップを使い、手の甲いっぱいにカラーを並べました。

スプーン2/3杯ほどのバームを「ちょこん♪」と乗っけてみます。

若干少ないかなぁと思いつつも、先ほど塗ったカラーの上半分に、ゆっくり伸ばしていきました。

固形のバームがオイル化していく様子は、相変わらず面白いのですが、メイクとの馴染み度合いが楽しい!!

指先で撫でる度に、カラーとしっかり融合します。

これには、思わず「うひょひょ~♪」という声が出てしまいましたね(笑)

違う角度から見てみましょうか。

あの真っ白なバームが、ここまで 透明なオイルに変化 しています。

流水に数秒ほど当てただけで、この通り。

落とす力、半端ないです!!

メイクの落ち具合は最高でしたが、洗い上がりはどうでしょうか。

はっきり言って、ルルルンクレンジングバームの洗い上がりは、あまり好きではありません。

実際にメイクした顔でも試してみたのですが、何度洗っても膜を張った感じが残り、気持ち悪いです。

さらに最悪なことは、油の中で目を開けて泳いでいるような真っ白な視界になるという点。

大事なハードコンタクトレンズも真っ白になり、洗浄液でこすり洗いする羽目に…。

メイク落としとしては良いのですが、W洗顔なしでは考えられません。

多くの口コミにあるように、「しっとり潤いのある仕上がり」ととるのか、私のように「洗い残し感のある仕上がり」ととるのかは、大きく意見が分かれそうです。

肌への優しさ【92/100点】

配合成分は、箱にしっかりと記載されています。

ルルルンクレンジングバームには、美容にも良いとされる成分も、贅沢にチャージされています。

ローヤルゼリーを模倣したペプチド「ロイヤルエピジェン」は、肌に滑らかさと明るさを導き、スペイン産ホワイトアスパラガスから抽出した「レグセンス」は、ハリ肌へと整え、赤クローバーの花から抽出した「ミニポリル」は、毛穴にアプローチします。

肌にのせたバームも、撫でた瞬間に溶けるので、肌への負担は少なそうだなと感じました。

万能さ【94/100点】

ルルルンクレンジングバームのウリは、やはり 保湿 でしょう。

賛否両論はありますが、「洗い上がりは、しっとりもちもち」「乾燥肌には嬉しい」という声が、やはり大多数。

前の項目で紹介したように、バームには、肌の健やかさを保つ先端の皮膚研究に基づいた美容成分がたっぷり。

これらの成分も、保湿に大きな役割を果たしてそうですね。

値段【95/100点】

値段については、クレンジングの 標準よりも若干高め かなという印象です。

90g で、税込み2,000円。

ただバームタイプのクレンジングとして考えると、実は、さほど高くはありません。

渡辺美奈代さんが広告塔して知られているデュオクレンジングバームにおいては、同じ90gでも1,890円。

バームタイプのクレンジングは、相場として高めの傾向にあるのですね。

クレンジングは、肌に直接付けるもの。

多少の値段の差であれば、私は、値段よりも質を重視して選びたいと思います。

香り

香料についての記載は特にありませんが、レモンのような柑橘系の香り をほんのり感じます。

爽やかな香りは落ち着きますし、リフレッシュ効果もありそうです。

香りの強さも、強過ぎず弱過ぎず…ちょうどいいのでは、ないでしょうか。

「クレンジングタイムには、香りでも癒されたい♡」とお考えの方には、おすすめです。

使い方

可愛い箱の中には、正しいクレンジングの仕方が記載された小冊子が同梱されていました。

スプーンといい、小冊子といい、何とも丁寧な商品作りをしているなぁと感心です。

公式HPにも、イラスト付きの使い方が載っていました。

最後は、「20~30回程度ていねいに洗い流してください。」とあるので、けっこう洗い込まないといけないのですね。

「クレンジングも、なるべく時短で!」と常に考えている私にとっては、なかなかハードルが高いことが分かりました(笑)

総評【Bランク】

バームタイプは初めてだったので、ルルルンクレンジングバームには、けっこう驚く点も多かったですね。

実際使ってみて分かったのが…

  • メイクが、面白いほど落ちる。
  • 洗い上がりは、好き嫌いが大きく分かれる。
  • 潤い美肌効果 が期待できる。
  • バームタイプのクレンジングとしては、さほど高くもない。

特に、クレンジング中の感触や洗い上がりに関しては、肌との相性もありますので、良いとも悪いとも言えないところです。

オイル派の私にとっては、こういう機会がなければ、バームタイプを知らずに一生を過ごしていたかも知れません。

今回は、ルルルンクレンジングバームを体験出来て、本当に良かったです。

気になる方は、ぜひご自分の肌でお試し下さいね♪

クレンジング選びで迷ったら?

TOPページでクレンジングおすすめランキングを発表しています!

クレンジングの
総合ランキングを見る

-クレンジングの口コミ・レビュー

Copyright© 30代40代のメイク落としクレンジングおすすめランキング【2019年9月】 , 2019 All Rights Reserved.